FC2ブログ

玉響なるままに。。。

 昨日、久しぶりに姉夫婦と会いました。

 前回会ったのはいつごろでしょうか。。。いとこの姉とはいえ、幼いころ、たった一人の姉妹として毎日一緒に遊んでくれた、とっても親しい存在で、口に出すことはないんですが、ずっと憧れています。


 月日が流れて、あたしが大学を卒業した今、姉も一人の男の子の母親になりました。祖母の屋敷で一緒にはしゃいでいるのはまだ昨日のことみたいんですが、枕元で内緒話をしたり、些細なことで笑いさざめいたり、口喧嘩したり日々が確実に遠ざけています。


 思い出せば、最後に会ったのは確かに妊娠八ヶ月のころでした。あの時、ずっとキャシャでおしゃれな姉は珍しく顔が膨れたほど食べていて、その面影にすでに母たるものの慈愛が映されて、雰囲気がけっこう変わりました。赤ん坊が生まれたからはいろいろあって、何度も見舞いに行こうと思ったが、結局行かなかったんです。昨日会った時、姉のおしゃれなとこは今まで通りですが、以前より細くなったような気もして、なんだか歳月の痕跡が刻まれたという感じでした。しゃべると、あのあたしと共に何かを仕出かした親しい姉のまんまでしたが、一見におっとりとして、落ち着いた雰囲気は人妻、あるいは母親専属のものなのでしょうか。。。


 もうすぐ旅立つから、その前祝として、外で姉夫婦と三人で食事をすることにしました。姉の夫、つまり義理の兄はとってもいい人で、わざわざ見せようと思わせたぐらいで姉を甘やかしています。二人がひそかに見つめ合ったり、笑い合ったり、互いのフォローをしたりして、イチャイチャしなくても、愛し合う感じが自然に滲み出てきます。。。


 本当のところ、ちょっと羨ましかったです。


 時が経つにつれ、誰もが変わっていくものだと、前々から分かっています。成長して、愛する人と出会えて、子供もできた姉は幸せだとも思います。半年ぶりに合ってから、今度会えるのはまたいつになるのでしょうか。。。そして再会した時、一緒に育ててきた妹も、未熟の自分をすりぬけ、乗り越え、ちょっと違った人になれるのかな。。。

スポンサーサイト



テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記