FC2ブログ

ばかばかしい闘病日記~その二~

 風邪を引いてから、いよいよ念願の休日になりました。毎日できる限り授業に出ているんですけれど、ずっと上の空で、いつも耳が聞いて頭が聞いてない状態でした。

 金曜日の午後、学校の健康保健センターに行って風邪を診てもらいました。ニヤニヤしてて、ちょっといやらしい感じのお医者さんから、妙な風邪薬をもらいました。白い粉のようなもので、風邪の症状なら何でも治せるって神妙な薬らしいです。その夜は懇親会で、帰りはけっこう遅くなったんですけど、部屋で落ち着いた後、思わず飲んでしまいました。すると、舌が丸ごと痺れるような苦さが口の中で染み込んで、なんとも言えないポカンって感じが広がりきました。

 そのまま寝たら、翌日、起きたときはもう午後の三時過ぎ。十二時間以上に熟睡してたはずなのに、なぜなのか、すっきりしたような感じがどうしてもなくて、頭の中はぐちゃぐちゃのごちゃごちゃで、考え事は一切できない状態になっちゃいました。

 薬のせいで胃の調子がよくないから、ご飯はお粥にしようかなって思って、作り始めました。最初のうちは何もかも順調でした。小松菜と人参の千切り、そして牛肉をたっぷりいれて、ふわふわって仕上がりました。味も見た目もいい感じですから、食べ残した分は鍋ごとに冷蔵庫に入れて、明日また食べようって思いました。

 ここまで何も問題ないのに、今日の午後、お粥を温めてみたら、世の中はやっぱりそんなに甘くないなってつくづく感じさせました。というのは、温めるうちに、なぜなのか、お粥は全部見事に焦げちゃいました。焦げたといっても、別に食べなくもないんですけれど、問題は鍋の方。底の部分は得体の知らない黒いものがたくさん付いていて、「ほら、焦げちゃった」って見せびらかすように、変な匂いを漂っています。この洗っても落ちてくれないものに途方を暮れて、とりあえず水に浸っていたら、今回はベージュに近い緑色になってきました。

 もう勘弁してくださいよって思いながら、すっごい脱力感を味わいました。鍋ごと冷蔵庫に入れてたあたしはやっぱり救えようのない馬鹿でした。いつもボーとしてるのは確かによくないですけれど、あのどう見てもやばいって感じな緑色はひどすぎるよ。。。とりあえず、全部風邪のせいにしよう。。。
スポンサーサイト



テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記