FC2ブログ

引きこもり、まさに絶望的。。。

 今日はネットで友人と話している時、話の勢いでとうとう引きこもり少女と呼ばれた羽目になっちゃいました。少女は問題ないけど(。。。)、引きこもりはちょっとひどくないと思って、家から出ていない日を数えてみました。今日を含めてもただ9日だけでした。これを裏づけに向こうに文句を言ってみると、「わざとやってるのは何だけど、自覚なしのも重症よ」と、友達はあたしをからかったような妙な言い回しを残して、行き去りました。


 すっごくショックでした。


 出かけるのは別に怖いも何もないですが、家にいるのは心地よかったことを以前から思っています。ですから、休みや暇な時、友人から誘われていない限り、いつも家でごろごろ寝たり、ゲームやったり、読書したりして、自分の空間を楽しんでいます。このような状態は世間が内向きや物静かだと言うのでしょうがと思い込んだこそ、あついは、自分が心身健康な青少年だと思い込んだこそ、いきなり引きこもりと呼ばれたことから莫大な衝撃を受けちゃいました。以前、ある親友の彼氏に「オタク」と呼ばれた時は、むしろ自慢的で、心の底にひそかに喜びを感じたことさえありますが、今回の状態が違いすぎます(泣。。。)。


 今回の友人は高校時代からの親友で、数少ない異性の友人の中で、特に好印象を与えたい存在です。半年ぶりにネットで逢ったとたん、嬉しくて、切なくて、涙が出るほど懐かしくてたまらなかったんです。近況や進路など、世間話をいっぱいしてると、突然冒頭の「引きこもり少女」を言い出しました。何っていうか、糸色望先生の言った通り、本当に絶望的でした。


 まぁ、事情は事情で、言い出されたところ、もうなんにも救い手がなかったんです(涙目)。。。ちょうど家での生活に少しうんざりしたところですし、明日は外を出て、気晴らしに大自然の緑溢れた山野を楽しみましょうか。。。= =

スポンサーサイト



テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)