FC2ブログ

七夕のにわか雨。。。

 夕暮れごろ、急ににわか雨が降ってきました。

 ほんの数十分の驟雨なんですが、豆ぐらいの大きさの雨粒が叩き付けるように降り注いできて、窓から見れば、漠とした風景の中で光っているみたいです。この豪雨ぶりに、なんだか数日間の蒸し暑さが一切に消え去ってしまうような気もして、かえって感傷的になってしまいました。


 今日は七月七日、いわゆる七夕です。奇数を陽数と言われ、めでたいものだと考えられた中国は、二つの七が重なるこの日を、一年に一日しか逢えない恋人の夜にしました。ロマンと同じくらい切ない話ですが、今はすっかり中国のバレンタインデーと定着されました。町中に出れば、どこでもいちゃいちゃする若いカップルが大勢いて、抱き合ったり、笑い合ったりして、うろうろしている姿が嫌でも目に入ってしまいました。


 このような日に、卒業旅行の話が決めました。


 たった3人の、海の旅です。


 目的地について、最初はみんなで盛大に盛り上げていたが、最終的に行くのがあたしも含めて、寮生時代に同室したの3人でした。色々あって、こうと決めたのは、ほぼ水曜日前後でしたが、今日、必要なものを買出しにいく時、初めて実感を涌いてきました。新しい水着、帽子、日焼け止め、お菓子、コーヒー。。。スーパーの中で、一人でたくさんのものを胸に抱いて、とにかく海を楽しもうを思ったとたん、雨が降り始めました。


 ふっと上を見上げると、無色の雨粒が光を屈折して、空も雲も普段より低いような感じがしました。七夕のせいなのかな、傘にぶつけ合った雨の音から、孤独のしらべが時間と空間を越えて、漂ってきました。


 七夕のにわか雨、黄昏のわびしい思い。。。薄暗い空から降り注ぐしずくも、蒼穹の上に364日の寂しい生活を送ってきた織姫の涙なのでしょうか。。。

スポンサーサイト



Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)