FC2ブログ

眠れぬ夜を抱いて。。。

 昨日、久しぶりに眠れぬ夜を過ごしました。

 昼間に慣れないお茶を飲みすぎちゃったのかな、それとも、あまりにもの蒸し暑さに調子を狂わせちゃったのかな、全身の神経が「眠い」と騒いでも、目を閉じると、妙な胸騒ぎがしてなかなか寝付けなかったです。枕元に置いた小説を読んだり閉じたりして、幾度繰り返しても、中身は全然頭に入りませんでした。


 カーテンをしっかりしめると、静まり返った部屋の中は真っ暗でした。普通なら、秋の気配が忍び寄る季節だったのに、温暖化の影響とかで、真夏にも凌ぐ暑さが続いています。横になって、体中の力を少しすつ抜いて、何も考えないままボーとしました。すると、目がだんだん暗闇に慣れて、家具などが昼間と違って、紺青色の霧に覆われたように淡く輝いていました。朦朧とした月光があっさり日常の隅々を照らす様子がなんだかすごく感傷的で、知らず知らずのうちに、見つめていました。


 最後に時計を見たのは、明け方の四時過ぎでした。周りが少しずつ明るくなり、茜色の日差しが窓から差し込んできました。そして、外の声が潮のように巻き起こり、耳元がいつの間にかまた賑やかになってきました。行き交う人々の囁き、走り出した車の轟音、連れ去れた犬の遠吠え、子鳥の鳴き声、そして夏最後の蝉時雨。。。22年住み着いたこの町の、ありきたりであっても、新たな朝でした。。。

スポンサーサイト



テーマ : 今日のつぶやき。 - ジャンル : 日記

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)