FC2ブログ

ばかばかしい闘病日記~その一~

 遠く異国の地でとんでもない風邪を引いて以来、いつの間にか、生活がすっごく簡単になってきました。毎日は寝る、授業に出る、食う、ボッとする、また寝るの一直線ですけれど、なんだか楽だとか、リラックスできてるとかのような感じが全然なかったんです。寒い、きつい、しんどいなど、言ってもしょうがない感情が次から次へと湧いてきて、自分がどれほど惨めな存在なのかを改めて認識させてもらいました。

 金曜の朝、風邪がいよいよそのピークを迎えました。朝8時45分から授業があるから、目覚まし時計を一応7時40分と設定したが、時計が鳴いた後、いつもと違ってすぐ目を覚ましました。でも、なぜなのか、頭がすっごく重くて、起きようとしてもなかなか起きられなくて、いわゆる金縛りに近い状態になっています。白い天井を眺めながら、すっごい寒気を感じて、電気毛布を付けてから、そのまま、また寝ちゃいました。。。

 再び目を覚ました時は、さりげなく時計をざっと見たが、指針が8時50分を指しています。時計を手に取ってもう一度見ても、また8時50分。諦めずにもう一回やると、8時51分になっちゃいました。無言のまま、かつてない絶望感に襲いかかってきました。

 慌てて友達に電話しようとして、ダイヤルすると、今度は声が出てくれないです。風邪がひどくなったせいなのかな、気づかないうちに喉もやられて、無理して声を出しても、すっごく荒れていて、自分でも聞き苦しいって思うぐらいになっちゃいました。。。

 このように、成り行きの成り行きで、運命的に人生初の無断欠勤をやり遂げました。あとは何とかして二コマ目の授業に間に合いましたが、友達が「今日は熱で授業に出られない」って先生に言ったもので、あたしの顔を見て、先生が不思議そうな顔をして、「大丈夫?」って聞きました。一瞬、死にそうなぐらい恥ずかしくて、どこかへ逃げちゃえってさえ考えました。

 まぁ、「何事も経験」というように、風邪についてのばかばかしくて、恥ずかしい経験はまた一つ増えちゃいました。。。
スポンサーサイト



テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます